文化芸術交流海外派遣助成

Nyomtatóbarát változat

日本の芸術や文化を海外に紹介することを目的として、諸外国において公演、デモンストレーション、講演、ワークショップ等の文化芸術事業を実施するため、海外に渡航する芸術家や日本文化諸分野の専門家等に対し、経費の一部を助成します。

申請資格:

以下のいずれかに該当する日本国内の団体または個人。

  • 海外から招請を受けており、文化芸術分野において日本国内を拠点に活動している団体ま たは個人
  • 上記団体・個人の海外での文化芸術事業を企画・制作する団体

 

対象事業

事業内容:以下のいずれかの事業。

  • 演劇、音楽、舞踊、民俗芸能等の舞台公演
  • 日本文化(スポーツを含む)に関するデモンストレーション、講演、ワークショップ等

*以下の事業は本プログラムの対象となりません。

  • 海外における展覧会の開催
  • 海外における日本映画の上映
  • 海外の教育機関への客員教授等の派遣
  • 国際会議への出席
     

*日本の他の政府機関、特殊法人、独立行政法人から助成を受けている事業については、

本プログラムでは助成を受けることはできません。

 

事業期間:

【第1回募集】2021年4月1日以降に開始(日本を出発)し、2022年3月31日までに完了(日本に帰国)する事業。
【第2回募集】2021年10月1日以降に開始(日本を出発)し、2022年3月31日までに完了(日本に帰国)する事業。

 

 助成内容

以下の経費の一部を助成します。

  • 国際人員移動費:エコノミー・クラス割引航空賃相当分(またはエコノミー・クラス割 
    引航空賃相当の船賃・鉄道賃)の一部
  • 貨物輸送費の一部
     

採用件数: 第1回募集採用53件/応募147件(令和2年度)

 

選考方針:

提出された申請書に基づき、以下のような観点から審査し、外部専門家の意見を聴取の上、採否を決定します。

ア 複数国・都市への巡回を効率よく行う事業
イ 公演、講演、デモンストレーション、ワークショップ等の実施回数が複数計画されている事業
ウ 国際芸術祭、周年事業等に関連する事業(p. 3参照)
エ 日本との文化芸術交流の機会が著しく少ない国・地域との交流を促進する事業
オ 紛争・災害からの復興、平和構築、環境等、世界の共通課題に文化芸術を通じて取り組む事業
カ 活動(内容・成果)を外部に向けて積極的に発信する事業

 

申請締切:

※本助成は令和3年度募集より、オンラインのみにて応募を受け付けます。

 

【第1回募集】2020年12月1日(消印有効)

(2021年4月1日以降に開始(日本を出発)し、2022年3月31日までに完了(日本に帰国)する事業が対象)

【第2回募集】2021年6月1日(消印有効)

(2022年10月1日以降に開始(日本を出発)し、2022年3月31日までに完了(日本に帰国)する事業が対象)

※ただし、新型コロナウィルス拡散等により第2回募集を中止することがあります。第2回募集へ応募する方は、 随時、当基金ホームページをご確認ください。

 

結果通知:

【第1回募集】2021年4月
※4月に出発する事業に関しては、助成金の支払が事業実施後となる可能性もある点、ご留意ください。
【第2回募集】2021年9月

 

 

詳しくは、国際交流基金公募プログラムのWEBページ(日本語・英語)をご覧ください。

 

令和3年度公募プログラムWEBページ(日本語)

令和2年度公募プログラムWEBページ(英語)