素敵な往復書簡~日本とハンガリーの絵本作家による手紙の交換~

Nyomtatóbarát változat
時間: 
2021.03.24. 17:45 から 2021.08.01. 23:15

 

新型コロナウイルス感染拡大から1年以上が経ち、様々なコミュニケーションがオンライン化され、老若男女問わずPCやスマートフォンに向き合う時間が増えています。

国際交流基金ブダペスト日本文化センターでは、オンラインでありながら「温かさ」を感じられる事業を模索し、「日本とハンガリーの絵本作家の往復書簡プロジェクト」を実施しております。
 
この事業では、日本人絵本作家の刀根里衣氏、ハンガリーの著名な絵本作家であるマレーク・ベロニカ氏をお招きし、絵本の役割や魅力、作家たちが次世代に伝えようとしていること、日本やハンガリーの子どもをとりまく環境や文化などについて「手紙」というツールを通して交流いただきます。

 

刀根里衣

2011年絵本作家デビュー。2012年に絵本作家の登竜門ともいわれるボローニャ国際絵本原画展に入選し、2013年には同原画展において国際イラストレーション賞を受賞。作品は各国語に翻訳され、ハンガリー語では『ぴっぽのたび(2014年、洪題『Pipó utazása』)』、『きみへのおくりもの(2016年、洪題『Ahol a szív dobban』)』が翻訳出版されている。 

 

マレーク・ベロニカ

ハンガリー人絵本作家。作品は各国語に翻訳され、日本では『ラチとらいおん』『ボリボン』(ともに福音館書店)、「キップコップ」シリーズ(風濤社)などが親しまれている。83歳になる現在も精力的に執筆活動を続ける。 

 

刀根里衣氏からマレーク・ベロニカ氏宛ての手紙

 

マレーク・ヴェロニカ氏から刀根里衣氏宛ての手紙

 

刀根里衣氏からマレーク・ベロニカ氏宛ての手紙その2